Apple TV+、「Watch the Sound with Mark Ronson」を発表

Apple TV+、「Watch the Sound with Mark Ronson」を発表

有名なアーティスト兼プロデューサーのMark Ronson氏が、音楽業界を形成してきたテクノロジに関する新しい解説をApple TV+に提供します

Appleは、6部構成の新しいドキュメンタリーシリーズ「Watch the Sound with Mark Ronson」を、2021年7月30日にApple TV+で初公開することを発表しました

Apple TV+は本日、6部構成の新しいドキュメンタリー番組「Watch the Sound with Mark Ronson」を発表し、音の創造と、私たちの知る音楽を形作ってきた革命的な技術を検証します

アカデミー賞を受賞したプロデューサー、Morgan Neville(「20 Feet from Stardom」)がホストを務め、国際的に著名なDJでありオスカーであるMark Ronson、ゴールデングローブ賞、そしてグラミー賞を7回受賞したアーティストでプロデューサーのMark Ronsonがホストを務める「Watch the Sound with Mark Ronson」は、2021年7月30日金曜日にApple TV+限定で世界初放送されます

スポンサーリンク


このシリーズでは、Ronson氏に、人気のある曲で耳にする音がどこから来たのかを理解するための探求simasu、このシリーズでは、Paul McCartney、Dave Grohl、Questloveといったアーティストのインタビューが予定されています

「Watch the Sound with Mark Ronson」の各エピソードでは、Ronson氏が音楽制作の裏にある知られざるストーリーや、プロデューサーやクリエイターが完璧なサウンドを見つけるために行っていることなどを明らかにしていきます

Ronson氏は、Paul McCartney氏、Questlove氏、King Princess氏、Dave Grohl氏、Ad-Rock氏、Beastie BoysのMike D氏、Charli XCX氏など、音楽界のレジェンドやアイコンたちと率直な会話を交わしながら、芸術性やテクノロジーと音楽の接点を探求します

Ronson氏は各エピソードの最後に、リバーブ、シンセ、オートチューン、ドラムマシン、サンプリング、ディストーションなどの画期的な技術とテクニックを使って、オリジナル曲を制作し、披露します

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)