Appleの広告代理店がTwitterキャンペーンの中止を推奨

Appleの広告代理店がTwitterキャンペーンの中止を推奨

Appleの広告代理店Omnicomは、顧客へのメモの中で、信頼と安全性に関する一定の保証が得られるまで、Twitterでの広告を停止するよう推奨しています

Twitterは波乱に満ちた展開を見せています、Elon Musk新CEOの下での変化は、検証を混乱に陥れ、ブランドや人物のなりすましなどを容易にしています

The Vergeが見たメモでは、Omnicom Media Groupはクライアントに対して、”短期的にはTwitterでの活動を一時停止する “ように言っています

具体的には、広告代理店は、なりすましだけでなく、Twitterの信頼と安全チームの解雇、FTCコンプライアンスを担当する役員の辞任などを懸念しています

Omnicomは、その懸念に対処してもらうため、Twitterに連絡を取ったと報じられています、報告書は、Twitterが懸念に対処できていないことを指摘しており、それが同社からの完全な無反応によるものか、それらのコミュニケーションを担当するTwitterの指揮系統が崩壊しているためなのかは不明です

スポンサーリンク


Musk氏の買収以来、広告主はある程度大量に退出しています、ほとんどの自動車関連企業が撤退を主導しました、その他、Twitter広告を中止した企業には、General Mills、Deutsche Bank、United Airlines、Air Canada、REIなどがあります

Musk氏は、脱退者は「言論の自由を破壊しようとしている」とし、同社への広告費の流れを止めた広告主に対して企業の名前を公表すると脅しています

これらの企業は広告掲載を取り下げる際に与えられている言論の自由の権利を行使しているため、なぜMusk氏がTwitterに広告費を支払う権利があると考えているのかは不明です

木曜日の夕方、Twitterは8ドルのTwitter Blueサブスクリプションの有効化を決定しました、これは、ユーザーがスポーツで判定を通過したのと同じ青色のチェックマークを購入者に付与するものででした

木曜日から金曜日にかけての一晩で、Twitterは以前に開始して廃止した「公式」チェックマークを復活させ、その後すぐにTwitter Blueを購入する機能を無効にしました

最初の月に8ドルを支払った人が、次の請求期間には旧来のTwitterブルーに戻るかどうかは不明です

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)