iPadOS 15.5へのアップデートでiPad mini 6のユーザーに充電の問題が発生

iPadOS 15.5へのアップデートでiPad mini 6のユーザーに充電の問題が発生

どうやらiOS 15.5はリリースされて以来、いくつかの問題を引き起こしているようです

Apple Booksアプリに関する複数の苦情を受けて、Appleのモバイルオペレーティングシステムの最新バージョンは、現在iPadユーザーに影響を及ぼしています

具体的には、アップデート後にiPad mini 6で充電の問題が発生するユーザーが続出しています

複数のユーザーがApple Support Communityのフォーラムで指摘しているように、影響を受けたユーザーは、iPadOS 15.5にアップデートした後でApple mini 6を再充電できなくななりました

これらのレポートによると、iPadのバッテリは使用している電源アダプタやケーブルに関係なく再充電されないそうで、この問題を修正するためにiPadのソフトウェアを復元しようとしたユーザーもいるが、これはうまく動作していないようです

しかし、これはハードウェアの問題のように見えますが、その背景にはソフトウェアに関連する理由があるのです、正規サービスプロバイダに送られた内部メモの中で、Appleは、iPadOS 15.5をインストールした後、ユーザーがiPad mini 6を再充電できないことを認識していると述べています

スポンサーリンク


残念ながらAppleはメモの中で、内蔵バッテリーだけでなくiPadを新しいバッテリーと交換しても問題は解決しないと言っており、基本的に充電問題はソフトウェアのバグであることを裏付けています

現在開発者とApple・ベータ・ソフトウェア問題に登録しているユーザーに提供されているiPadOS 15.6ベータ版が、mini 6の充電問題を解決するかどうかは、現時点では不明です

同社はApple Retail Storeおよびサービスプロバイダーの従業員に対し、影響を受けるユーザーに対し、一時的な措置としてiPad miniを再起動するよう依頼することを推奨しています

前述したように、iPadOS 15.6ベータ版でこの問題が解決するかどうかは不明です、ただし、iPad mini 6で充電に問題がある場合は、iPadにベータ版ソフトウェアをインストールしてみる価値があるかもしれないと、9to5Macは述べています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)