iPhone 14 Proの常時点灯ディスプレイのヒントはXcode 14ベータ版にある可能性

iPhone 14 Proの常時点灯ディスプレイのヒントはXcode 14ベータ版にある可能性

次期 iPhone 14 Proは、Apple Watchに似た常時オンのディスプレイ技術を搭載するとうわさされており、常時オンのディスプレイがどのようなものになる可能性があるかについては、最新の「Xcode 14 ベータ版でヒントが得られるかもしれない

MacRumorsのコントリビューターであるSteve Moser氏がTwitterで指摘しているように、Xcode 14ベータ版では、画面の起動時と画面上のウィジェットのディテールを消すという興味深いロックスクリーンのインターフェイスが採用されています

このアニメーションは、iPhone 14 Proモデルが、iPhoneがロックされ、常時表示がアクティブになっているときに、ウィジェットや他のロックスクリーンコンテンツから複雑なディテールを削除できることを示しています

iOS開発者の@rhogelleim氏はまた、「Xcode 14」ベータ版では通常カラーで表示されているウィジェットに、常時オンのディスプレイに関連する可能性のある白黒バージョンの兆候があると指摘しました

スポンサーリンク


iOS 16の最新ベータ版では、壁紙の設定にスリープの兆候も見られ、常時オンのディスプレイがどのように機能するのかについて、さらなる情報が提供されています

スリープバージョンの壁紙は暗くなり、明るい色が消えていくので、常時オンのディスプレイで使用した場合にはバッテリー寿命が延びるかもしれません

常時オンのディスプレイ機能は、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxの開発者に限定されると噂されています、噂によると、iPhone 14 ProとPro Maxの本体のリフレッシュレートは1Hz~120Hzになると言い、iPhone 13 Proに搭載されている10Hz~120Hzに比べて改善されているようです

1Hzのリフレッシュレートを使用すると、iPhoneがスリープ状態の間に、時刻、ウィジェット、および通知を表示できるようになります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)