iPhoneの「Night Shift」モードはユーザーの睡眠改善には効果がないとの調査結果が

iPhoneの「Night Shift」モードはユーザーの睡眠改善には効果がないとの調査結果が

これまで、Night Shiftによって睡眠が改善されるという主張は理論的なものでした

しかし、Brigham Young University(BYU)がSleep Health誌に発表した新しい研究では、携帯電話メーカーの前提に疑問を投げかけ、Night Shift機能が実際には睡眠を改善しないことを明らかにしました

「Night Shiftは、Night Shiftなしの携帯電話を使う場合や、まったく携帯電話を使わない場合よりも優れているとは言えない」としています、被験者にはベッドで8時間以上過ごしてもらい、手首に加速度計を装着して睡眠活動を記録しました

測定された睡眠の成果は、総睡眠時間、睡眠の質、入眠後の目覚め、入眠までにかかった時間などでした、推奨される1日8〜9時間の睡眠に近い7時間の睡眠をとったグループでは、携帯電話の使用状況に応じて睡眠の質にわずかな差が見られました

スポンサーリンク


寝る前にスマホを使わなかった人は、通常のスマホ使用者と「Night Shift」使用者の両方に比べて、優れた睡眠の質を体験しました

睡眠時間が最も短い6時間のグループでは、Night Shiftを使用したかどうかによる睡眠結果の違いはありませんでした

BYU心理学教授 Jensen氏は、次のように述べています

この結果は、極度に疲れているときは、寝る直前に何をしても眠りに落ちることを示唆しています。
この結果は、入眠や睡眠維持を困難にしているのは、ブルーライトだけではないことを示唆しています、また、メールやスクロール、投稿の際に経験する心理的な関与も、睡眠に影響を与える重要な要素です
ブルーライトが覚醒度を高め、入眠を困難にすることを示唆する多くの証拠がありますが、その刺激のうちどの部分が発光なのか、他の認知的・心理的な刺激なのかを考えることが重要です

Night Shiftで画面を暗くすることはできますが、Night Shiftだけでは入眠や睡眠維持には役立ちません

(Via Brigham Young University.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)