AirTagのストーカー対策は「十分ではない」とWashington Post紙が報告

AirTagのストーカー対策は「十分ではない」とWashington Post紙が報告

AppleがAirTagsに搭載した追跡防止機能は「十分ではない」と、Washington PostのGeoffrey Fowler氏は、AirTagsが隠密のストーカー行為に使用される可能性を調査したレポートの中で述べています

Fowler氏は、自分自身にAirTagを仕込み、同僚とチームを組んでストーキングされたふりをした結果、AirTagは「安価で効果的なストーキングの新しい手段」であるという結論に達しました

Appleは、未知のAirTagが自分と一緒に旅行していて、自分の持ち物の中にあるかもしれないということをiPhoneユーザーに知らせるためのプライバシー・アラートや、AirTagが持ち主から離れて3日が経過したときの定期的なサウンド・アラートなどの安全対策を行っています

Fowler氏によると、1週間の追跡の間に、隠されたAirTagからのアラートとiPhoneからのアラートの両方が届いたそうです、3日間のカウントダウンタイマーは、持ち主のiPhoneに接触するとリセットされるため、ストーカー被害に遭っている人がストーカーと同居している場合は、音が鳴らないこともあります

スポンサーリンク

Fowler氏はまた、見知らぬAirTagが自分と一緒に移動しているというアラートをiPhoneから定期的に受け取っていたが、それらのアラートはAndroidユーザーには提供されていないと指摘した

また、音でしか追跡できないため、Appleは近くにいるAirTagの位置を特定するのに十分なサポートを提供していないとも述べています

また、AirTagを紛失しても、他の人が拾ってくれれば、紛失したAirTagの位置情報が戻ってきますが、これは人を追跡しているAirTagにも当てはまります

AppleのiPhoneマーケティング担当副社長のKaiann Drance氏は、Washington Postに対し、AirTagに組み込まれた安全装置は、「業界初の、強力な事前抑止装置」であると述べています、さらに、AirTagsの追跡防止策は、時間の経過とともに強化することができると説明しています

また、いくつかの安全策についてもコメントしています、AppleがAirTagが音を出し始めるまでの期間を3日間としたのは、これらの警告が環境中でどのように発せられるかと、不要な追跡とのバランスを取りたかったから だそうです

スポンサーリンク


Drance氏は、AppleがAirTagsを作成する際に家庭内暴力の専門家に相談したかどうかについては言及を避けたが、Appleはそれらの組織から何かを聞くことに前向きであると述べました

Fowler氏は、AppleがTileのような他のBluetoothトラッキングデバイスの競合他社よりも、AirTagsをストーカー行為に使用しないようにしてきたことを認めていますが、まだ対処すべき懸念があると言います

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)