Apple、パープルのiPhone 12でランダムなシリアルナンバーへの移行を開始

Apple、パープルのiPhone 12でランダムなシリアルナンバーへの移行を開始

Appleが2021年初頭から将来の製品のシリアル番号をランダム化する方針であることが報じられていましたが、現在、複数の国で発売されている「iPhone 12」のパープルの新モデルから始まっています

MacRumorsによると、YouTubeチャンネル「ZolloTech」のホストであるAaron Zollo氏の協力を得て、先月発売されたパープルのiPhone 12には、他のほとんどのApple製品では通常の12文字であるのに対し、新たに10文字のシリアルナンバー形式が採用されていることが確認できたとのことです

Appleは以前、ランダム化されたシリアル番号は当初10文字になると述べていたため、紫色のiPhone12はランダム化されたシリアル番号を持つ最初のApple製品となったようです

変更はパープルのiPhone 12 miniにも及ぶ可能性が高いが、まだ確認されていいません

スポンサーリンク


現時点ではAirTagには、ランダム化されたシリアルナンバーのフォーマットは適用されていないようで、アイテム追跡用アクセサリーのシリアルナンバーはまだ12文字となっているようです(事実、私の AirTagのシリアルナンバーも12桁です)

新しいiMac、iPad Pro、Apple TVが5月後半に発売される際に、シリアル番号がランダム化されるかどうかは未知数です

3月に入手したメモによると、その時点ですでに出荷されている製品については、従来のシリアル番号フォーマットを引き続き使用するとしています

このフォーマットでは、顧客やサービスプロバイダーが製品の製造日と製造場所を長年にわたって特定することができます、シリアルナンバーは、最初の3文字が製造地、次の2文字が製造年と製造週、最後の4文字がデバイスのモデル、カラー、ストレージ容量を表します

新しいシリアルナンバーのフォーマットは、8〜14文字(当初は10文字)のランダムな英数字で構成され、製造や構成の詳細は含まれなくなるとのことです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)