iPhone 12はオートフォーカスが改良、2022年にペリスコープカメラレンズが登場

iPhone 12はオートフォーカスが改良、2022年にペリスコープカメラレンズが登場

TF SecuritiessのアナリストMing-Chi Kuo氏の新しいレポートでは、iPhoneカメラサプライヤーに対するAppleの計画を詳しく説明していて、同氏はSemcoとSunny Optical (それぞれ韓国と中国のベストレンズサプライヤー)が今年iPhoneサプライチェーンに加わると考えています

Appleは定期的に複数のサプライヤーから部品を調達し、サプライチェーンでの競争を激化させ、コストを削減しています

Kuo氏はまた、これらの企業がより高品質な部品をより良い性能で提供できるようになると考えています

iPhone 12では、Appleはオートフォーカスを向上させるために、現在のスプリングベースの設計に比べて、Semcoのボールベースのボイスコイルモーターを採用していると報じられています

2022年には、iPhoneにはSemco製のペリスコープ望遠レンズが搭載されるだろうとKuo氏は考えています

スポンサーリンク


ペリスコープカメラは、エンドユーザーがデザインに違いを感じないように操作する方法を指します、ペリスコープレンズは文字通り本体から飛び出しているのではなく、内部の垂直空間を効率的に利用して写真の画質を向上させます、ペリスコープレンズは現在、Huaweiの一部のスマートフォンで使用されている

iPhone 12は今年の秋に4つのモデルで出荷されると予想され、5.4インチ画面の新しい小型iPhone、2つの6.1インチモデル、ハイエンドの6.7インチMaxモデルでです

プレミアム6.1インチとMax iPhone 12は、3連レンズのカメラアレイと奥行き感知LiDARスキャナーを搭載される予定です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)