Apple、第2世代AirPods Proを2021年後半にローンチへ

Apple、第2世代AirPods Proを2021年後半にローンチへ

DigiTimesの情報筋によると、次世代のAirPods Proの少なくとも一部のモデルはベトナムのInventec Appliances社が組み立てる予定で、現世代のAirPods ProメーカーであるLuxshareとGoerTekもシェアを取っているとのことです

アナリストMing-Chi Kuo氏は以前、Appleは2021年の第4四半期から2022年の第1四半期に量産に入る第2世代のAirPods Proに取り組んでいると述べており、2020年や2021年初頭にAirPods Proのリフレッシュはないことを示唆しています

将来のAirPodsには光センサーが搭載される可能性があり、健康モニタリング機能に利用される可能性があります

DigiTimesは、1~2年後には新しいセンサーがAirPodsに搭載される可能性があると示唆しています、健康モニタリング機能により、AirPodsは心拍数や歩数、健康状態をモニターしたり、頭の動きを検出したりすることができるようになるかもしれません

スポンサーリンク


Appleはまた、2021年前半に計画されているロールアウトの第三世代の最終段階である、AirPodsの第三世代バージョンにも取り組んでいるという噂があります

Kuo氏は当初、第3世代のAirPodsは現行のAirPodsとデザインを変えずに似たようなデザインになるだろうと述べていましたが、その後、新しいAirPodsはAirPods Proに似たフォームファクターのデザインを採用する、と述べています

第3世代のAirPodsは、AirPods Proの内部に似たよりコンパクトなシステムインパッケージ(SiP)を採用し、AirPodsのオーディオ機能をよりAirPods Proに似たデザインの筐体に統合すると予想されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)