米国でのスマートフォン全体の202年Q2の販売台数は前年比25%減、Appleも23%減

米国でのスマートフォン全体の202年Q2の販売台数は前年比25%減、Appleも23%減

Counterpoint Researchの新しいレポートによると、米国でのスマートフォン全体の販売台数は前年比25%減となっています

最も打撃を受けたブランドはモトローラとZTEだったが、Appleでさえ2019年と比較して23%の減少となりました

しかし、Samsungは10%のダウンにとどまっています

2020 Q2 smart Phone 00001 zIPhone SE 00003 z

1つ役に立ったのは、連邦政府の景気刺激策の小切手です

「米国のスマートフォン販売は、4月の後半に最初の景気刺激策の小切手が消費者に届いたときに持ち直した、その後すぐに、キャリアストアや全国の小売店が再び営業を開始し、それが回復をさらに後押ししました」とCounterpointのJeff Fieldhack氏は声明で述べています

当然のことながら、3月と4月はロックダウンの影響で低調で、4月の数量は昨年より50%減少しました

スポンサーリンク


しかし、大幅な駆け込み需要を反映して、6月のスマートフォン販売台数は2019年6月を上回り、米国のスマートフォン市場が回復力を持っていることを示しているとCounterpointは述べています

すべてのスマートフォンメーカーの売上が減少した一方で、オンライン販売は倍増しました

COVID-19は、2019年に販売されたスマホの14%から2020年第2四半期に販売されたスマホの31%へとeコマース取引を押し上げることで、販売チャネルに影響を与えました

それは他の企業よりもAppleとSamsungに恩恵を与えたとCounterpointは述べています

(Via Forbes.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)