2018年iPhoneは新しい18W USB-C電源アダプタ、USB-Cから急速充電用のLightningケーブルが付属の可能性

2018年iPhoneは新しい18W USB-C電源アダプタ、USB-Cから急速充電用のLightningケーブルが付属の可能性

サプライチェーンの情報源である中国のソーシャルネットワーク「Weibo」の記事によると、アップルの2018年のiPhoneのラインナップには、USB-CとLightningケーブルを搭載した新しいUSB-C電源アダプタが搭載されると言います

AppleはUSB-Cをサポートするすべてのデバイスのアップグレードを計画していると言われています、次世代のiPhoneには、USB-CからLightningケーブルを使ってUSB-Cファストチャージが可能な18W電源アダプタを再設計しました

この噂は、正確な報告のための記録がないソースからのため確認できません、しかし、iPhone と iPad のラインナップ全体の usb-c 電源アダプタに切り替えは、Apple の Mac のラインナップは主に usb-cに移行しているので意味があります
USB C Power Adapter 001 z

スポンサーリンク


18WのUSB-C電源アダプタを使用すると、約30分でiPhoneの充電率を0〜50%にすることができます

このような高速充電機能は、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPad Proモデルで利用可能ですが、現時点では、USB-C MacBookの電源アダプタ(最低価格$ 49)またはサードパーティ製のUSB-C電源アダプタ($ 15 +)とLightning-to-USB-Cケーブル(25ドルで販売されています)で、スタンドアロンアクセサリとしてのみ使用できます

現在のiPhoneモデルには、USB-AからLightningケーブルで動作する5W電源アダプタが付属しているため、18Wアダプタへのアップグレードは大きな変更になります

おそらく、Appleが既存の12W USB-A iPad Pro電源アダプタを18W USB-C電源アダプタにアップグレードするという噂が現実になると、今後のiPad Proモデルでも同様の変更が実施されるものと思われます

USB-CとLightningケーブルを使用してUSB-Cで高速充電機能を使用する場合、昨年末に実施した詳細なiPhone X充電速度テストでわかるように、iPadまたはiPhoneで約18Wの最大充電速度が達成されます

高速充電をサポートする付属のUSB-C電源アダプタとUSB-C to Lightningケーブルは、iPhoneユーザーにとって大きな利益となります

充電速度は、30分で50%のバッテリーを約束し、約1時間で80%の充電を(ゼロから)供給することができる。多くの競合するAndroid搭載デバイスは、顧客が追加のアクセサリを購入する必要なく、すでに高速充電をサポートしています

今回のレポートによると、iPhoneに搭載されている充電器のデザインには、米国で使用されていた従来の正方形から楕円形に近いものに変わる見通しがあります、前述のように、USB-C to Lightningケーブルが含まれていると言われています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)