Apple、iPhone 14の増産計画を需要低迷で撤回か

Apple、iPhone 14の増産計画を需要低迷で撤回か

iPhone 14シリーズの発売に伴い、好調なホリデーシーズンを予想したAppleはサプライヤー各社にiPhoneの生産拡大を要請したと報じられていいます、しかし、Appleは短期的に新型iPhoneの増産をすることがないため、計画を撤回したようです

iPhone 14の需要は予想を下回る

Bloombergの記事によると、iPhone 14の販売は、生産の増加を正当化するほど強くありません、報告書では、、予想されていた需要の急増が実現しなかった」としています

通常の状況では、Appleは年末商戦の需要を満たすためにこの時期に生産を増やします

アナリストのMing-Chi Kuo氏は数日前、AppleがFoxconnに対してiPhone 14 Proの生産台数を10%増やすよう要請したと報じました

Gartnerによると、今年のProモデルは明らかに、iPhone全機種の中で最もよく売れていますが、通常のiPhone 14とiPhone 14 Plusは悪い結果を示しているとのことです

スポンサーリンク


今年、Appleは、iPhone 14、iPhone 14 Plus、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxという4つの新しいiPhoneモデルを発表しました、iPhone 14の通常モデルは、前世代と比較して大きくグレードアップしたわけではありません

実際、両者の違いは、わずかに高速化されたチップ、衛星接続、新しいカメラ機能、そしてiPhone miniに代わるPlusモデルだけです

価格はiPhone 14が799ドル(119,800円)から、iPhone 14 Plusが899ドル(134,800円)からで、999ドル(149,800円)からのiPhone 14 Proの価格帯に非常に近いのですが、Dynamic Islandを備えた真新しい常時表示ディスプレイ、48メガピクセルのワイドカメラ、新しいA16 Bionicチップを搭載しています

同時に、AppleはまだiPhone 13とiPhone 12を低価格で販売しており、これも一部の顧客には新しいiPhone 14よりも魅力的に見えるかもしれません

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)