iFixitがiPhone 14分解レポートを公開、ディスプレイと背面ガラスが簡単に取り外せる新デザインを称賛

iFixitがiPhone 14分解レポートを公開、ディスプレイと背面ガラスが簡単に取り外せる新デザインを称賛

修理サイトのiFixitが今日、標準のiPhone 14の分解ビデオを公開しました

iFixitの最高経営責任者Kyle Wiens氏はブログ投稿で、修理しやすい内部デザインを称賛し、iPhone X以来最も充実したiPhoneの再設計だとしています

いくつかのレビューで述べられているように、iPhone 14とiPhone 14 Plusは、背面から開けることができるiPhoneとしてはiPhone 4S以来初めてのモデルです、iFixitによると、ディスプレイと背面ガラスパネルは2本のネジと1つまたは2つのコネクタで固定されており、どちらの部品も取り外しや交換が容易になっているとのことです

新しい内部設計の結果、背面ガラスにひびが入ったiPhone 14とiPhone 14 Plusの修理料金は169ドル(25,900円)から199ドル(29,800円)と大幅に安くなっています

スポンサーリンク


Appleの資料によると、iPhone 14とiPhone 14 Plusで背面ガラスを交換した後、System Configurationと呼ばれるソフトウェアキャリブレーションプロセスが必要であることが示されています

他のティアダウンでは、iPhone 14 Proの両モデルは、内部の再設計がそれらのデバイスに及ばないため、通常通り前面から開くことが既に示されています

改善された修理性を超えて, iFixitは、米国モデルのiPhone 14 とiPhone 14 Proは、SIMカードのトレイスロットがあった場所に「大きな隙間」があると指摘ししています

今回の分解では、標準的なiPhone 14のロジックボードのクローズアップ画像も提供されています、このロジックボードには、A15 BionicチップやQualcommのSnapdragon X65モデムなどのコンポーネントが搭載されており、新しいn53バンドを介した5G接続と衛星接続の両方が可能です

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)