iPhone 14 Proユーザーは、カメラアプリの動作が 遅いと不満を述べる

iPhone 14 Proユーザーは、カメラアプリの動作が 遅いと不満を述べる

iPhone 14 Proの一部のユーザーは、カメラアプリに問題を抱えており、MacRumorsフォーラムでは、カメラを開く際に読み込みに数秒かかることがあるとする複数の苦情が寄せられています

影響を受けたユーザーは、カメラアプリのアイコンをタップしてからカメラアプリが起動するまでに4〜5秒かかり、すでに一度カメラを開いた後にこの問題が発生しているようです

MacRumors読者は

私のiPhone 14 Pro(Max以外)でも同じ問題が発生しています。電話を再起動し、カメラアプリを起動すると、カメラはすぐにオンになります。カメラアプリを閉じてから開くと、カメラがオンになるまでに常に4〜5秒かかります。カメラを使う他のアプリをテストしましたが、そこでは即座にオンになります。これはSWのバグだと思います

この問題は、カメラアプリがバックグラウンドで実行されている場合にのみ発生するようで、すべてのユーザーが影響を受けている問題ではないようです、苦情は主にiPhone 14 ProとPro Maxのユーザーから寄せられており、すべての写真モードで発生します

スポンサーリンク


MacRumorsのテストでも、カメラアプリを開くのに数秒かかるという同じ問題に遭遇しましたが、アプリを開くたびに起こるわけではなく、時折起こるだけでした

MacRumorsの読者の中には、RAM管理の問題ではないかと推測している方もいます、MacRumorsのフォーラムメンバーであるxyz2610氏からは、動画も紹介されています

カメラアプリのRAM管理の問題かもしれないことを発見しました。iPhone 14 ProのRAMをクリアするために、まずアクセシビリティ設定でAssistive Touchを有効にし、音量アップ、音量ダウンを押してシャットダウンメニューが出てくるまで電源ボタンを長押しし、Assistive Touchメニューでホームボタンを長押しすると、カメラアプリは一回目は必ず素早く起動します。
しかし、それ以降のカメラアプリの起動については、アプリを開くのに5秒程度かかる状態が続いています

カメラに影響を与える問題は、読み込みの遅さだけではありません

Snapchat、TikTok、Instagramなどのアプリでは、カメラが制御不能なほど振動し、手ぶれ映像の原因となります

カメラアプリの読み込みが遅いのとは異なり、この問題はサードパーティアプリに限定されていて、この問題に関してAppleは来週アップデートをリリースするとしています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)