Apple、iPhone 14 Proのカメラぶれ問題を修正するソフトウェアアップデートを来週リリースへ

Apple、iPhone 14 Proのカメラぶれ問題を修正するソフトウェアアップデートを来週リリースへ

AppleはBloombergに対し、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxに影響する手ぶれやガラガラの問題を修正するソフトウェアアップデートを来週に提供すると述べました

これにより、激しいカメラシェイクの問題は、新しい携帯電話のハードウェアの欠陥が原因である可能性があるというユーザーの懸念が解消されます

ユーザーは、ソフトウェアアップデートが利用可能になった時点で、それをインストールするだけでよいはずです

手ブレの問題は、iPhone 14 ProとiPhone 14 Proのモデルで発生しています、特に、Snapchat やTikTokなどのサードパーティーアプリで顕著でした

Apple Cameraアプリは不思議なことに正常に動作していました、当然のことながら、このバグに関する問題はTikTokのプラットフォーム全体に広がっています

スポンサーリンク


この問題は、カメラレンズの光学式手ぶれ補正システムを制御するファームウェアに関連しているようです

これは、カメラモジュール内部で聞こえるガタガタという音で明らかになり、出力ビデオに目に見える手ぶれ補正がかかるというものです

iPhone 14 ProまたはiPhone 14 Pro Maxでカメラの問題が発生している人は、来週リリースされるソフトウェアアップデート (iOS 16.0.2のバージョンと思われる) での修正を待ちましょう

それまでの間、もしバグを経験しているなら、カメラシステムを使用するのは、ハードウェアに永久的な物理的損傷を与える可能性があるから、控えるべきです

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)