iOSのバグ、「このAppの共有は取り消されました」というメッセージが表示されて一部のアプリが開かない、その解決方法

iOSのバグ、「このAppの共有は取り消されました」というメッセージが表示されて一部のアプリが開かない、その解決方法

このAppの共有は取り消されました

アプリのバグにより、一部のiOSユーザーがアプリを開けなくなり、影響を受けるiPhoneおよびiPadユーザーがアプリにアクセスしようとすると、「このAppの共有は取り消されました」というメッセージが表示されます

MacRumorsのフォーラムやTwitterには、問題に遭遇したユーザーからの苦情が複数寄せられています

Twitterには、この問題が 「iOS 13.4 .1」 と 「iOS 13.5」 の両方を使用しているユーザーに影響を及ぼしているとする苦情が多数寄せられているが、すべてのユーザーが影響を受けているわけではないため、何が問題の原因になっているのかは不明です

スポンサーリンク


一部のユーザーは、最後の日にアプリを更新した後に問題が発生しています

YouTube、Twitter、WhatsApp、Facebook、TikTok、LastPassなど多くのアプリについて苦情が寄せられています

この問題の影響を受けた人は、動作しないアプリを削除して再インストールすることでアプリを修正することができました

また、アプリを削除するのではなく、アプリをオフロードすることも問題を解決するためには有効な場合があります

(Via MacRumors.)

スポンサーリンク

解決方法

  1. 「設定」>「一般」>iPhone/iPadストレージ」>「対象App」を選択し「Appを取り除く」を選択します
  2. 「Appを取り除く」を選択した場合は、データは削除されません、「Appを削除」ではデータも削除されてしまいますので注意が必要です
    App is No Longer Shared 00002 z

  3. その後、App Storeから再インストールします










COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無権兵衛

    ありがとうございます!おかげさまで無事に、かつ安全に直せました。助かりましたm(._.)m

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)