App Store、1位にランクインするのにダウンロード数でアプリでは2016年から30%以上減少

App Store、1位にランクインするのにダウンロード数でアプリでは2016年から30%以上減少

アプリは1位にライクインしやすくなる

Appleは、2017年秋のApp Storeの大規模な変身により、消費者の注目をトップチャートから編集コンテンツに移そうとしました

しかし、アプリ開発者は依然としてNo.1の地位を目指しています

アプリストアインテリジェンス企業のSensor Towerの新しい調査によると、過去数年間でゲーム以外のアプリがトップランキングを達成しやすくなりました

具体的には、米国のiPhone App Storeのゲーム以外のアプリケーションが1位を達成するのに必要な1日の平均ダウンロード数は、2016年の136,000ダウンロードから2018年は90,000ダウンロードに約34%減少し、今年は94,000ダウンロードです

No1 App 00001 z

同時に、米国のApp Storeでのアプリ以外のゲームのインストール数は、2016年第1四半期から2019年第1四半期に33%増加しました

スポンサーリンク

カテゴリー別トップ10

カテゴリ別トップ10に入るという点では、App Storeの写真&ビデオアプリが最も困難です

YouTube、Instagram、TikTok、およびSnapchatが常駐するカテゴリでは、10位までのアプリの1日のダウンロード数の平均値が16,000回を超えました

これに続いて、ショッピング(10位のアプリで15,300ダウンロード)、ソーシャルネットワーキング(同、14,500ダウンロード)、エンターテイメント(同、12,600ダウンロード)、仕事効率化(同、12,400ダウンロード)が続きました

米国以外

米国以外では、ゲーム以外のアプリは、中国のApp Storeでトップ10に到達するために約91,000ダウンロードが必要です

トップ10のゲームの1日のダウンロードの平均値は43,000です

ちなみに、日本ではアプリは14,000ダウンロード、ゲームは10,000ダウンロードでした

No1 App 00003 z

(Via TechCrunch.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)