iOSのSafariには、共有機能にバグがあり偽のウェブサイトの見出しで騙すことが出来る

iOSのSafariには、共有機能にバグがあり偽のウェブサイトの見出しで騙すことが出来る

iOSのSafariにバグ

Safariには、共有機能を使ってテキストの一部を選択してそれをメッセージ経由で友人に送ることができるように設計されたSafariの機能があります

テキストの選択と共有機能にバグがあり、それはウェブサイト上の検索機能を含みます

Webサイトの検索バーにテキストを入力し、それを強調表示してからSafari共有シートと共有すると、書かれたテキストがかなり正式に見えるWebサイトリンクと共に送信されます

スポンサーリンク

偽のWebサイトのタイトルを作成する方法

  1. MacRumors.comなどの検索機能のあるWebサイトにアクセスします
  2. iPhoneがランドスケープモードになっていることを確認します
  3. 検索バーをタップします
  4. テキストを入力してから選択します
  5. アドレスバーの横にある共有アイコンをタップします
  6. 「メッセージ」を選択して、いたずらをしたい相手の名前を入力します

送られた相手の人はあなたが作成した偽のウェブサイトヘッダを見ますが、それはメッセージのリッチテキスト機能のために別々に送られないのでウェブサイト自体からのテキストのように見えます

Appleが意図したとおりにこの機能を使用したい場合は、Webサイト上でテキストを少し選択し、それを指摘して強調してから相手の人に送信することができます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)