Apple、詐欺的なサブスクリプションアプリをApp Storeから取り除く

Apple、詐欺的なサブスクリプションアプリをApp Storeから取り除く

TechCrunchのレポートには、ユーザーの不利益になるような「詐欺的」なアプリは、Appleのサブスクリプション機能を利用しています

サブスクリプションで開発者は自動的に月額契約に変換される無料試用版を提供することができます

具体的には、悪意のあるアプリメーカーは、「ダークパターン」、意図的に欺瞞的なユーザーインターフェイス要素、およびコンバーチブルトライアルサブスクリプションを開始するために顧客を混乱させたり騙したりするように設計された戦略を使用しています

Appleの売上の多いアプリリストの上位に「詐欺的」アプリが表示されるため、この方法は効果的です

今月初めに、Forbesは、同様の手法を採用して、毎年個々のユーザーから数百ドルまたは数千ドルを搾り取るための多くの完全とは言えないがアプリリストを発表しました

スポンサーリンク


そのようなアプリの1つであるTinyLabsの「QR Code Reader」は、毎月の価格情報を小さなフォントで表示し、大きく表示した「開始」ボタンをタップすることで、ユーザーに「プロバージョン」にアップグレードするよう促しました

ユーザーは3日間の無料試用を約束し、月額3.99ドルの購読に自動契約されます、このアプリはAppleのカメラアプリにあるミラーリング機能にもかかわらず、年間530万ドルの収益を上げていました

TechCrunchでハイライトされたアプリの「Weather Alarms」は、無料で試すことが出来ますが、ウィンドウを閉じるオプションは数秒後に表示され、2つのサブスクリプションの選択肢が唯一の選択肢であるとユーザーに伝えます、試用版が時間内に取り消さない場合は顧客は無意識のうちに、月額20ドルを支払うことになります

Appleは、疑わしいアプリをわかっているようで、App Storeでは「QR Code Reader」「Weather Alarms」は共に利用出来なくなっています

Forbesの記事でも取り上げられていた、17のアプリのうち11が消えました

Appleの開発者ガイドラインで規定されているように、App Storeで許可されている開発者から一定のレベルの礼儀を期待しています、実際に同社は不正行為を厳格に禁じており、開発者はサブスクリプション条件を明確に述べなければならないとしています

ユーザーは購入履歴を確認し、見つけた場所やサブスクリプションをキャンセルする方法を知っておく必要があります

キャンセルする方法

「設定」>「iTunesとApp Store」で「Apple ID」をタップし「Apple IDを表示」を選択し「登録」から行います
App scammy 00001 z

(Via appleinsider.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)