Apple、「Boot Camp」が設定されているためにmacOS Mojaveがインストール出来ない機種に追加機種を発表

Apple、「Boot Camp」が設定されているためにmacOS Mojaveがインストール出来ない機種に追加機種を発表

「Boot Camp が設定されているため、インストールを続けられません」という警告が表示される

macOS Mojaveがインストール出来ない

3 TB のハードウェアを搭載した iMac (27-inch, Late 2012) の場合は、「Boot Camp」パーティションを削除してからでないと、macOS Mojave 10.14 をインストールできません

これまで、Appleは対象機種をサポート文書(公開日: 2018年9月26日)で次の1機種だけとしていました

  • 3TBハードディスクを搭載したiMac(27インチ, Late 2012)

スポンサーリンク


しかしながらAppleは、同サポート文書(公開日: 2018年10月16日)で、次の2機種を追加しています
*投稿時は日本語サイトの公開日は2018年9月26日のままです

  • 3TBハードディスクを搭載したiMac(27インチ, Late 2013)
  • 3TBハードディスクを搭載したiMac(Retina 5K, 27-inch, Late 2014)

今回追加された機種とこれまでの機種との大きな違いは、macOS Mojaveをインストールした後に、Boot Campを使用して、Windowsをインストール出来るか出来ないかです

3TBハードディスクを搭載したiMac(27インチ, Late 2012)の場合

macOS Mojave にアップグレードした後、その Mac に Boot Camp を使って Windows をインストールすることはできなくなります

3TBハードディスクを搭載したiMac(27インチ, Late 2013)と(Retina 5K, 27-inch, Late 2014)の場合

macOS Mojave にアップグレードした後、Boot Camp を使って Windows をインストールすることは出来ます

これらの2つのモデルにmacOS MojaveとWindows 10をインストールするには

  1. Windowsデータをバックアップします
  2. Boot Campアシスタントを使用してBoot Campパーティションを削除します
  3. macOS Mojaveをインストールします
  4. Boot Camp Assistantを使用してWindows 10をインストールします
  5. 必要に応じて、Windowsデータをバックアップから復元します

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)