最新のシステム採用率、iOS 11は76%、Android 8は僅か4.6%

最新のシステム採用率、iOS 11は76%、Android 8は僅か4.6%

システム採用率

Appleが今日App Storeの開発者用サポートページで共有した統計によると、iOS 11オペレーティングシステムは4月22日現在、デバイスの76%にインストールされています

これは、iOS 11がデバイスの65%にインストールされた1月18日から 11パーセントポイント上昇し、iOS 11がデバイスの52%にインストールされた11月6日から24パーセントポイント上昇しました
Devices are using 001 z
デバイスの19%がiOS 10を引き続き使用していますが、デバイスの5%はiOS 9など、以前のバージョンのiOSを使用しています、これらのデバイスの多くは古く、最新バージョンのiOSにアップデートできません

iOS 11の採用率は着実に増加していますが、採用はiOS 10より大幅に遅く、たとえば 2017年2月、iOS 10はアクティブデバイスの約80%にインストールされていました

スポンサーリンク


1月から4月までのiOS 11の採用が11%増加したのは、12月のiOS 11.2と3月のiOS 11.3の発売によるもので、両方とも重要な新機能を導入した重要なアップデートでした

iOS 11.4は、現在テスト中の機能がリリースに入ると、iCloudのメッセージとAirPlay 2を導入するため、採用を促すアップデートとなる可能性が大きいです

Android 8の採用率は僅か

AppleのiOS 11のインストールベースは、最新のオペレーティングシステムのアップデートで採用されているGoogleの採用率に比べて圧倒的です
Devices are using 002 z
4月16日現在、Androidデバイスのわずか0.5%がAndroid Oreoの最新バージョンを実行しており、デバイス全体の4.6%のみがOreoをインストールしています

Androidユーザーの大部分は、2014年、2015年、2016年にそれぞれ出荷されたAndroid Lollipop、Marshmallow、Nougatオペレーティングシステムを引き続き使用しています

(Via MacRumors.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)