Apple TVは昨年より視聴時間が709%伸びる

Apple TVは昨年より視聴時間が709%伸びる

Sarah Perez氏のTechCrunchへの報告によると
「HBO、Turner、Hulu、CBS、NBC、ESPN、BT、Skyなどのクライアントを通じてストリーミング市場を可視化するビデオAIプラットフォームConvivaは、2018年第1四半期のビデオストリーミングで前年比114%約50億時間の動画を視聴することができます」

ストリーミングは世界的に成長しているいます、北米は視聴時間が最大の伸びを見せ、四半期に比べて174%の増加となりました
他のプラットフォームでは、Apple TVやAndroidなど注目すべき増加が見られたといいます

ストリーミングの多くは、ウェブとは対照的に、モバイルデバイスやインターネット接続されたテレビのアプリで行われています。その結果、第2四半期にはこれらのプラットフォームが大幅に成長し、アプリベースの視聴率は昨年より136%上昇しました

スポンサーリンク


AppleやRokuなどのアプリを提供するデバイスメーカもストリーミングの恩恵を受けていると言い、Apple TVは、昨年より視聴時間が709%伸びたのに対し、Rokuの視聴時間は87%の伸びでした
Apple TV Viewing 001 z
成長は人気と同じではないことに注意してください、つまり、それらのプラットフォームで合計時間数が表示されているわけではありません
Rokuは、Apple TVの2億5,600万時間に比べて10億時間以上もストリーミングされています

第4四半期のもう1つの興味深い発見は、Android端末でのストリーミングの成長でした、Androidの場合デバイスの再生回数は、iOSの138%の増加に対して、第1四半期の168%増でした

(Via TechCrunch.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)