医師は、iPhoneアプリが「ゴールドスタンダード」アレンテストよりも心臓の血流を評価するのに優れている

医師は、iPhoneアプリが「ゴールドスタンダード」アレンテストよりも心臓の血流を評価するのに優れている

科学者は、スマートフォンアプリケーションが、冠状動脈造影を受けている患者に使用される場合、従来の身体検査よりもより手首動脈血流評価が優れていることを発見しました

カナダの医科学会ジャーナルでオタワ大学が発表したランダム化試験によると、電話機のカメラ機能を使用するスマートフォンアプリケーションは、医者やコンサルタントがベッドサイドで意思決定を行うのに役立つ電話アプリの可能性を強調していると言われています

この研究を率いたDr. Benjamin Hibbertは次のように述べています

スマートフォンが普及しているため、臨床現場でのポイント・オブ・ケアの診断として、コストを最小限に抑えて、あるいはコストをかけずにますます使用されています

例えば、赤外線発光ダイオードを使用する専用のソフトウェアまたはフォトダイオードセンサーを備えた内蔵カメラは、スマートフォンを機能的プレチスモグラフ(血流の変化を測定する計測器)にする可能性を秘めています

この研究結果は、大学の研究者によって、iPhone 4Sの心拍数モニタリングアプリを使用し、手首の橈骨および尺骨動脈の血流を測定する修正アレン試験を用いて比較したものです、冠状動脈造影のために心臓にアクセスします

スポンサーリンク


合計438名の参加者が2つのグループに分けられました

1つのグループはアプリを使用して評価され、もう1つはアレンテストと呼ばれる「標準の伝統的な身体検査」を使用して評価されました
*アレンテストとは、看護師が患者の橈骨動脈と尺骨動脈を同時に圧迫し,その後片方の動脈の圧迫を解除することで,血流が正常であればピンク色に,閉塞があれば白いままであることから判断されます

スマートフォンアプリの診断精度は94%でしたが、従来の方法では84%でした

Hibbert博士は次のように述べています

現行のレポートでは、スマートフォンアプリケーションが現在の標準治療よりも優れており、臨床実習で診断の歩留まりを向上させることができます


このアプリケーションは現在、規制当局の医療機関で使用するために認定されていませんが、スマートフォンベースの診断が患者のベッドサイドで臨床的意思決定を支援する可能性を強調しています

画像元:V3
(Via V3.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)