YouTube、米App Storeでリリース8年後、最高収入ランキングのトップアプリになる

YouTube、米App Storeでリリース8年後、最高収入ランキングのトップアプリになる

ユビキタスビデオ共有サービスへの直接アクセスを提供するiOS向けのGoogleのYouTubeアプリは、今週、アップルの米国App Storeで最大の人気を集めたiPhoneタイトルとなりました、これはリリース後8年間の成果です

トップチャートでYouTubeは、これまでApp Storeの最高収入ランキングの第3位を突破したことはありませんでした

AppleはiOS 11のApp Storeアプリから最高収入ランキングチャートを削除したが、Sensor Towerなどの分析会社はそのようなデータにまだアクセスしています

Googleは、iOS 6のプレインストールされたアプリとしての削除に続いて、2012年にスタンドアロンのYouTubeアプリを初めてリリースしました、それ以来 iOS版はApp Storeの無料アプリチャートの上位階級で一貫してユーザーを魅了し続けてきました
今日でも、YouTubeは米国App Storeの1位に位置しています

YouTubeはそのサービスをより収益化するため、2015年にYouTube サブスクリプションサービスを開始し、有料ユーザーに広告なしの動画、オフラインキャッシング、その他の付加価値機能へのアクセスを許可しました

このリリースでは、Appleの最高収入ランキングチャートで6位にランクインし、iPhoneで1日に推定10万ドル、iPadで1日に30万ドルになると推定されています

スポンサーリンク


YouTube Red 001
YouTubeの収益は、YouTube Redがその人気を高め、コードチェンジの増加、YouTubeの最年少ユーザーが最終的に自分の携帯電話を手に入れたこと、モバイルキャリアからのストリーミングプランなど、人気が高まって以来、YouTubeのデータ、または 無制限のデータを安価に提供するデータ、ライブストリーミングの成長、YouTube視聴者に訴求する他の機能(メッセージング、コミュニティ、リールなど)の導入などが挙げられます

しかし、何がYouTubeをNo.1に押し上げたのかは不明です

Sensor Towerによると、これまでのユーザーの総支出額は、2015年にYouTubeのアプリ内課金が開始されて以来、世界中のiOSで2億ドルを超えています
先月は、約1400万ドルで2017年2月から133%の増加となりました

YouTubeの世界的なiOS収益は、前年比150%増の1,200万ドルを超えています

YouTubeの収入は主にYouTube Redサブスクリプションから来ますが、現在はスーパーチャットによる購入も含まれています

(Via TechCrunch.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)