AppleのiPadOS 16に大きな変更が加えられ、ウィンドウ機能と高度なマルチタスキング機能が利用できるように

AppleのiPadOS 16に大きな変更が加えられ、ウィンドウ機能と高度なマルチタスキング機能が利用できるように

Appleは、来週開催される恒例のWWDCにおいて、iPadをよりMacBookに近づけ、iPhoneに近づけなくするiPad向けOS「iPadOS」の大幅な変更を発表すると、Bloomberg Newsが「この件に詳しい複数の人物」の話として報じています

iPadの次のメジャーアップデートであるiPadOS 16には、マルチタスキングインターフェースが再設計され、どのアプリが開いているかを確認したり、タスクを切り替えたりしやすくなる見込みだと関係者は語ったが、変更点がまだ公表されていないため匿名を条件に取材に応じたとのことです

アプリウィンドウのサイズ変更が可能になり、複数のアプリを一度に操作する新しい方法が提供されるようです

Appleの年間売上の9%近くをiPadが占めており、その割合はここ数年徐々に増えています、しかし、同デバイスのプロユーザーは、ノートPCのようなインターフェースを強く求めています

ハードウェアは、いまでは一部のAppleのノートPCと同じM1チップを搭載し、その能力はますます強力になっていますが、ソフトウェアの進化が追いついていないと言う問題が指摘されています

スポンサーリンク


現在、iPadユーザーは、「iPhone」のようにアプリを全画面表示で実行するか、2つのアプリを並べて実行するかのどちらかを選ぶことができます

また、横からスライドさせることで、3つ目のアプリの縮小版を追加することも可能です

今回の変更は、そのインターフェイスを拡張するものです

素晴らしいアイデア

Macを使い慣れていると、iPadのマルチタスクは非常に使い難く苛々することが多々有るので、実現するとなると、とても嬉しい改善となります
また、使い慣れてない人にはこの機能が選択できるようになればもっと良いのではと思います

(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)