iPadOS 15 の 「自動翻訳」 機能で、対面での会話が可能に

iPadOS 15 の 「自動翻訳」 機能で、対面での会話が可能に

iPadOS 15に搭載された新しい翻訳アプリには、2つの言語での会話がリアルタイムに翻訳される「自動翻訳」機能が搭載されています

Appleは今年、次世代のmacOS、iPadOS、iOSの各OSにおいて、システム全体のテキスト翻訳、デバイス上の言語、そしてiPad用の新しい翻訳アプリなど、数多くの翻訳機能を提供する予定です

この新しいアプリでは、ユーザーがテキストを入力したり話したりすることで、複数の言語に翻訳することができるだけでなく、新たに「会話」モードが追加されます

会話モードは、2人の人間が横並びまたは向かい合って座った状態で使用することを想定しており、それぞれの人間が話した内容とその下に翻訳が表示されます

新しい自動翻訳機能と組み合わせれば、iPadが言語と話し手を認識するので、それぞれの人が自由に話すことができます、翻訳された会話は、自動的に適切な言語で音声化されます


新しい「翻訳」アプリを使って、スペイン語から英語へのライブ会話を試してみました、最初は一貫性がありませんでしたが、言語をデバイスにローカルにダウンロードすることで、精度が大幅に向上しました

Auto Translate 00002

自動翻訳機能を使ってみると、話者の声を聞き始めるまでに時間がかかったり、マイクを切るタイミングが早かったりすることが分かりました

そこで、話者ごとに手動でマイクのアイコンをタップするようにしたところ、よりスムーズに利用できるようになりました

話者が話すと、「翻訳」アプリはその言語の文字起こしと、その下にテキストの翻訳を表示します。そして、数秒後には翻訳文が音声で表示されます。一度に使うのは1〜2文程度にして、はっきりと話すことを心がけることで、全体的に良い体験ができます

(Via Apple Insider.)

メモの手書き認識のスクリブルもiPadOS 15では日本語もサポートされるので、楽しみですね







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)