iPhoneおよびiPadのYouTubeアプリで10秒以上早送り/巻き戻しをする方法

iPhoneおよびiPadのYouTubeアプリで10秒以上早送り/巻き戻しをする方法

例えば、オンラインで何か重要なものを探していて、それを説明しているYouTubeの動画が見つかった場合。YouTubeのビデオには導入部がよくあります

画面の右側をダブルタップしてスキップしますが、気になるところがすぐにない場合は、時間の無駄になります

YouTube Skip 001

ダブルタップでスキップできるのは便利な機能ですが、それだけでは十分でないこともあります、幸いなことに、YouTube動画の早送りや巻き戻しをデフォルトの10秒以上にすることで、待つ時間を少しでも短くすることができます

スポンサーリンク

YouTubeビデオで10秒以上スキップする方法

  1. iPhoneまたはiPadでYouTubeアプリを起動します
  2. 上部にあるプロフィール写真をタップします
  3. 「設定」>「全般」を選択します
  4. YouTube Skip 002

  5. 「スキップ送り / 戻し」を選択します
  6. ここで、「スキップ送り / 戻し」の長さを選択します
  7. YouTube Skip 003

この機能を使用すると、ダブルタップの長さを10秒から最大60秒に増やすことができます。前後両方向に動きます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)