次期iPad mini 6は、ホームボタンがなく、ベゼルが狭く、8.3インチディスプレイを搭載へ

次期iPad mini 6は、ホームボタンがなく、ベゼルが狭く、8.3インチディスプレイを搭載へ

ディスプレイアナリストのRoss Young氏によると、現在開発中の第6世代iPad miniのディスプレイは8.3インチになると言います

これは現行の7.9インチディスプレイよりも大きく、ホームボタンが取り除かれ、ベゼルが狭くなっているためです

アナリストであるMing-Chi Kuo氏は以前、新型iPad miniは8.5インチから9インチの間を測定できると述べており、BloombergのMark Gurman氏は、新型iPad miniはベゼルの幅を抑えた大型ディスプレイになると述べています

スポンサーリンク


新しいiPad miniにホームボタンが搭載されるかどうかについてはさまざまな情報が流れていましたが、噂では現在、ホームボタンがなく、Face IDとTouch IDのいずれかの電源ボタンが搭載されるiPad Air 4に似たデザインに似ているようです

新しいiPad miniには、A14チップかA15チップのいずれかが搭載される可能性があり、また、LightningポートではなくUSB-Cポートが搭載されると予想されているため、AppleはLightningをiPadラインアップから外すことになるでしょう

DigiTimesは最近、新しいiPad miniにはmini-LEDディスプレイがあると報じましたが、Young氏は先週この情報に異議を唱え、iPad miniにはmini-LEDディスプレイではなく標準的なディスプレイが搭載されると述べました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)