Apple、10.86インチOLED「iPad Air」 を来年、OLED 「iPad Pro」 を2023年に発売か

Apple、10.86インチOLED「iPad Air」 を来年、OLED 「iPad Pro」 を2023年に発売か

The Elecは最新の報道で, AppleがOLEDを搭載したiPadモデルを早ければ2022年にも発売する予定だと主張しています、AppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏がこのアイデアを最初に提案したのは3月のことでした

Elecによると、Appleは2022年に10.86インチ画面のOLED iPadを発売する予定で、現行のiPad Airが既に全く同じ画面サイズを備えていることから、「iPad Air」というブランド名になる可能性が高いとしています

Appleはまた、11インチと12.9インチのOLED iPadを2023年に向けて準備しているとも言われており、それは当然のことながら「iPad Pro」モデルになります

記事によると、AppleはiPad AirにリジッドOLEDを採用するが、将来のiPad ProモデルはフレキシブルなOLED構造を採用するとしています

スポンサーリンク


フレキシブルOLEDは、ディスプレイコンポーネントを内部的に湾曲させることができるため、画面ベゼルをさらに薄くすることができます、Appleは2017年に「iPhone X」を発売して以来、この技術をiPhoneで採用しています

AppleがミニLEDディスプレイ技術を搭載した「iPad Pro」をリリースしたばかりであることを考えると、OLEDへの移行は興味深く、いくぶん理にかなっていません、しかしながら、OLEDは、各画素が個別に照明されるという点でmini-LEDより優れています

mini-は、特定のタイプのコンテンツにバックライトのハロー効果を引き起こす可能性がある減光ゾーンのより広い領域に依存します、とはいえ、OLEDの欠点は、オフアングル性能が悪く、焼き付けしやすいことです、mini-LEDパネルは、一般に、OLEDよりも高い最大輝度に達することができます

新しいハードウェア(今回は2021年発売のiPad Pro)に、大幅に新しいスクリーン技術を採用してリリースした後、2年以内に再びその技術を根本的に変更するというのは、アップルとしてはいささか異例のことです

しかし、非常に多くのサプライチェーンは、これがロードマップ上にあると報告しており、それは起こるようです

さらに混乱させるように、BloombergはAppleが来年iPad Proの外付けシャーシを大幅にオーバーホールすると報じている。iPad Proのデザインは、背面ケースの素材をアルミニウムからガラスに変更し、初めて誘導ワイヤレス充電を可能にしたと言われています

(Via 9to5Mac.)








LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)