Appleは、対面での作業は「不可欠」であり、ハイブリッドの作業計画からは戻らない

Appleは、対面での作業は「不可欠」であり、ハイブリッドの作業計画からは戻らない

Appleの最高経営責任者を務めるTim Cook氏は6月に入って社内メモで、従業員が週に少なくとも3日は対面で仕事をすることを求める新しいハイブリッド型の作業計画を採用する予定であることを明らかにしていましたた

これは論争を引き起こしたが、同社は対面での仕事を「必須の」と考えているため、この決定を撤回するつもりはないと再確認しました

The Vergeが入手した内部ビデオで、小売およびPeople Deirdre O’Brienの上級副社長は、Appleは「私たちの文化と未来には、対面での協力が不可欠である」と考えていると語っています

O’Brien氏はまた、Appleが過去に発表した製品やサービスはすべて、対面でのコラボレーションによるものだと述べました

スポンサーリンク


COVID-19のパンデミックのため、Appleは2020年にオフィスを閉鎖しなければなりませんでした

アメリカの状況が好転した今、同社は従業員に対面での仕事に復帰してほしいと考えているが、この決定に反対する人々がいます

従業員らはAppleの最高経営責任者であるTim Cook氏に書簡を送り、対面での作業とリモートでの作業のどちらを選択するかを同社に要請したが、Appleはこの要請を拒否しています

ハイブリッドワークモデルはAppleの新しい、よりリラックスしたアプローチの一部ですが、GoogleやFacebookのように従業員が無期限にリモートワークできる会社と比べると、依然として非常に伝統的です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)