Adobe、iPad向けにアプリの大幅な更新をしデスクトップ品質のPhotoshopツールを提供

Adobe、iPad向けにアプリの大幅な更新をしデスクトップ品質のPhotoshopツールを提供

Photoshopが本日30周年を迎えるにあたり、AdobeはデスクトップとiPadの両方に対応する価値のあるアップデートで写真編集アプリを祝います

Adobe Photoshop 1.2.0

Adobeは、12月にデスクトップからAIを使用したSelect SubjectツールをiPadに導入しましたが、今日ではさらに注目すべき機能がいくつか追加されています

まず、iPadユーザーは、Senseiを使用した別のツールであるオブジェクト選択を活用できます、この特定の機能は11月にデスクトップアプリに追加されただけであり、同社はモバイル版への移行に迅速に取り組みました、本的に、AdobeのAIと機械学習は、主なテーマを超えて自動的に選択を行います

AdobeはiPadのPhotoshopにもタイプ設定を追加しました、同社によれば、デスクトップ版の「多くの文字体裁コントロール」はアップデートの一部だと言います

これらには、タイプレイヤー、キャラクター、オプションのプロパティが含まれます。これは、追跡、行送り、スケーリング、書式設定(すべて/小さなキャンプ、上/下付き文字など)を調整できることを意味します

デザイナーにとって重要な文字体裁の調整であるカーニングは、「今後のリリース」まで利用できません

  • 「オブジェクト選択」機能が選択ツールから利用できるようになりました。カンバス上で特定の範囲を選択すると、Adobe SenseiのAI技術により、選択範囲内のオブジェクトが自動的に選択されます。「被写体を選択」機能と同じAI技術を使用していますが、より細かく制御できます。
  • 「文字プロパティ」機能が拡張されました。行送り、トラッキング、サイズ変更などをより自由に使いこなすための、待望の機能拡張です。テキストレイヤーをより精密に細かく制御できます。(注意:カーニングにはまだ対応していませんが、今後提供する予定です)。

  • Photoshopがより強力に安定して稼働するよう、多数のバグが修正されました。主な修正点を以下にまとめます。
  • デスクトップ版と同じになるよう、オーバーレイの選択・表示モードを逆にしました(ヒント:キーボードを付けてご利用の場合、Fキーを押すと選択モードと表示モードを順番に切り替えることができます)。
  • 「被写体の選択」機能をiPadの旧モデルで使用した場合に、より少ないメモリで動作するよう改良されました。
  • ぼかし(ガウス)ツールのUI上の不備を修正しました

スポンサーリンク


Adobe Photoshop
価格: 無料
カテゴリ: 写真/ビデオ, 仕事効率化

ss1 ss2











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)