Abobe、iPad用のPhotoshopのベータ版への申込受付を開始

Abobe、iPad用のPhotoshopのベータ版への申込受付を開始

昨年10月、Adobeは2019年に完全なPhotoshop CCをiPadに対応すると発表しました

現在、同社は正式にiPad上でPhotoshopのベータ版への申込受け付けを開始しています

Creative Cloudユーザーへの電子メールで、アドビは、顧客にPhotoshop for iPadベータプログラムの申請を促しています

Adobe社は、当初、Adobe MAX会議でPhotoshop for iPadを発表しました

このイベントで、AdobeはiPad ProでマルチレイヤーPSDファイルを操作するデモを行いました

スポンサーリンク


iPad上のPhotoshopには、デスクトップの場合と同様に、すべてのPhotoshopユーザーが使い慣れているツールフィルタ、調整、およびマスキングオプションを含む、完全なツールバーおよびレイヤー管理インターフェイスが含まれています

iOS上のPhotoshopはCreative Cloudと常に同期し、ファイルへの変更はデスクトップバージョンのPhotoshopと同期します

AdobeのAppleタブレット上のPhotoshopについて、アドビは次のように説明しています

Real PhotoshopがiPadに登場しているので、非現実的なものを作成できます。レタッチや合成からスポットヒーリングやブレンドモードまで、おなじみのデスクトップツールやワークフローはすべて、あなたの指先で操作できます。レイヤー?それらはすべてここにあります。解決?変わりはない。デスクトップでもマウンテントップでも、PSDはまったく同じです

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)