人気の画像編集アプリ「Pixelmator」のPixelmator Team、AI対応のフォトエディタをiPad用に発表

人気の画像編集アプリ「Pixelmator」のPixelmator Team、AI対応のフォトエディタをiPad用に発表

Pixelmator Photo

Pixelmator Teamは本日、AI対応のPixelmator Photoという新しいアプリをiPad用にリリースする予定だと発表しました

Pixelmator Photoは、iPad上で写真を編集するために必要なすべてのツールを提供します

非破壊的なデスクトップクラスの色調整のセット、機械学習機能の強化されたフィルムエミュレーションプリセット、写真から不要なオブジェクトを削除する魔法の修復ツール、 RAW画像の編集などをサポートしています

Pixelmatorチームの創設者の一人であるSaulius Dailide氏は、「MacでPixelmator Proをリリースした初日から、私たちは同じ写真編集体験をiPadにもたらしたいと思っていました」と述べています
Pixelmator Photoでは、強力なカラー調整、魔法の修復ツール、画期的な、画質の向上した画像の強化など、iPad向けの素晴らしい写真編集ツールをiPadにもたらします
Pixelmator Photo 00003 z
Pixelmator PhotoはiPadにデスクトップ写真の編集体験をもたらします。これは、500以上のカメラからのRAW画像、輝度、露出、彩度などの基本的な調整、レベルなどの時間をかけた写真編集のクラシック、および曲線などの非破壊的な色調整のコレクションをフルサポートしています

フィルムグレイン、その他多数のものがあります、また修復とトリミングツールを使用すると、小さな欠点やオブジェクト全体の削除からコンポジションの完成まで、ユーザーはすべての詳細を完成させることができます

スポンサーリンク


Pixelmator Photoは、Core MLをフルに活用し、機械学習を使用してML Fix、MLプリセット、およびML Crop機能に電力を供給します

ML Cropは機械学習アルゴリズムを使用して、写真の構成を改善する方法を提案します、ユーザーはアスペクト比を選択し、MLトリミングボタンをタップして提案を表示し、必要に応じてトリミングボックスのサイズを変更して再配置して、提案を絞り込むことができます

ML Fixは、2,000万のプロフェッショナルな写真を訓練したコアMLを搭載したアルゴリズムを使用して、露出、ホワイトバランス、画像内の各色の範囲をインテリジェントに強化します
ML Fixは、時間のかかる小さなものをすばらしい写真にするために設計されているため、ユーザーは独自のクリエイティブ仕上げタッチを追加することができます

機械学習機能付きフィルムエミュレーションプリセットにより、ユーザーは簡単にデジタル写真のアナログフィルムの外観をエミュレートできます
Pixelmator Photo 00002 z
各プリセットは、Kodak Portra、Fujifilm Superia、Ilford HP5などの古典的なフィルムで開発された本物の写真を使用して細心の注意を払って設計され、洗練されています
また、プリセットを使用すると、最先端の機械学習アルゴリズムを使用して写真のライティングとカラーのバランスを調整し、プリセットを適用して各写真にユニークな外観を維持できるようにします

Pixelmator PhotoはiPad専用に提供され、今年後半にApp Storeに来る予定です

(Via Pixelmator Photo.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)