Apple、iOS 12の採用率が60%を越えたことを公式に発表

Apple、iOS 12の採用率が60%を越えたことを公式に発表

iOS 12の採用率

昨日のApple スペシャルイベントでCEOのTim Cook氏が発言していましたが、DeveloperのサポートサイトでiOS 12の採用率が60%を越えたことを発表(2018年10月29日現在)しています

過去4年間に導入されたデバイスの場合

Using iOS 12 00001

すべてのデバイスの場合

Using iOS 12 00002

スポンサーリンク


過去4年間にリリースされたデバイスのうち、63%がiOS 12を実行していますが、iOSデバイスの60%がアップデートされています

すべてのiOSデバイスのうち、29%がiOS 11を継続し、11%はiOSの以前のバージョンを実行しています

過去4年間にリリースされたデバイスでは、30%がiOS 11を引き続き実行し、7%は以前のバージョンのiOSがインストールされています

10月10日の時点で、過去4年間にリリースされたデバイスの53%にインストールされていたので、iOS 12のインストールは約2週間半の間に10%増えました

10月10日から10月29日の間に、iOS 12がプリインストールされたiPhone XRが発売されたのと同様にiPhone XS/XS Maxもこの時期にはプリインストールされているのが 10%増に寄与した可能性があります

新しいiOS 12.1アップデートがまだiOS 12にアップグレードをダウンロードしていない人たちに恩恵を受ける可能性が高いため、次回Appleがアップデートを提供したときに、採用率が大きく変わることがありそうです

OS 12.1には70種類の新しい絵文字が導入、グループFaceTimeのサポートが導入されているため、iOSユーザーは最大32人と一度にビデオチャットできます

(Source Apple , Via MacRumors.)


ちなみに何時もお伝えしているmixpanelのiOS 12の採用率では、iOS 12は 66.28%、iOS 11は 27.69%となっています
Using iOS 12 00004 z










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)