iPadスケッチアプリ「Linea」が「Linea Sketch」に改名されバージョン2.0へ、リリース記念として期間限定で50%オフ

iPadスケッチアプリ「Linea」が「Linea Sketch」に改名されバージョン2.0へ、リリース記念として期間限定で50%オフ

Linea Sketch

IconfactoryはiPadスケッチアプリ、「Linea」の主要なアップデートをリリースしました
Linea Sketch」に改名されたVersion 2.0は、これまで以上に強力な新機能が追加されています、しかし、最も重要なのは新しい機能は、アプリのユーザビリティを犠牲にはしていません

アプリケーションには新しいテンプレートとグリッドがあります
ノートを取るための幅広く狭いルールを備えたメモ帳オプションや新しいストーリーボードテンプレートがあります、既存のアプリデザインテンプレートがアップルの最新デバイス用に更新され、新しい小さなドットグリッドが利用可能になりました

以前のバージョンの「Linea」はランドスケープモードに限定されていましたが、新しいアップデートではポートレートの向きがサポートされているため、ランドスケープモードまたはポートレートモードで描画できます
新しいスケッチはiPadの現在の向きを使用して作成され、すべてのテンプレートは新しい縦向きの向きをサポートします

スポンサーリンク



カメラ、フォトライブラリ、クリップボード、またはファイルブラウザアプリケーションからイメージをインポートできるようになりました
インポートしたイメージを編集またはトレースするためにレイヤーに追加できます

また、直線とポリゴンを作成するための新しいZipLineツール、レイヤーパネルでの選択を作成するための新しいはさみツール、新しいジェスチャーのサポートがあります
オレンジ色のハンドルでドラッグするか、2本の指で回転して選択範囲のサイズを変更できます

Linea Sketch」は、ドラッグ&ドロップやスプリットビューマルチタスクなど、アップデート後のいくつかのiOS 11の機能をサポートしているため、別のアプリと併用することができます

Linea Sketch」はリリース記念として期間限定で50%オフとなっています












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)