iOS 14.5がiPhoneの「ミュージック」アプリに追加する7つの機能

iOS 14.5がiPhoneの「ミュージック」アプリに追加する7つの機能

Appleの「iOS 14.5」の大規模なアップデートにより、iPhoneに約50の新機能と変更点が追加されます

その中には、オーディオマニアや音楽を気軽に聴く人でも実感できるアップグレードも含まれています、Apple Musicのストリーミングサービスに登録している人も、「ミュージック」Appで自分の音楽ライブラリを利用している人も、iOS 14.5には知っておくべきことがいくつかあります

1. Apple Musicの歌詞をメッセージで共有

OS 13で導入された「歌に合わせて歌詞が流れる」機能は、Apple Musicに加入しているユーザーに、カラオケのような幻想的な体験をもたらしました。iOS 14.5でAppleはこの機能を拡張し、この歌詞のグループを友達と共有できるようになりました

必要なのは、これらの歌詞のいずれかを長押しして、該当するApple Musicトラックを聴くことだけです、するとポップアップウィンドウが表示され、最初に選択した曲と、その曲の残りの歌詞が表示されます

ほかの歌詞行をタップして選択するだけで、一度に最大5行まで選択できます (ただし、文字数制限を超えると、そこまで選択できない場合があります)

これらの歌詞を共有すると、相手側がその機能をサポートしている場合は、そのトラックへのApple Musicリンクとともに、独自のウィンドウに表示されます

そうでない場合は、曲の横に歌詞がプレーンテキストで表示されます
IOS 14 5 Music New 00002

スポンサーリンク

2. Apple Musicで拡張されたリリース日情報を表示

iOS 14.4.2以前では、Apple Musicでは、アルバムアートの下に曲またはアルバムのリリース年が表示され、トラックの下に著作権年とレコードラベルが表示されました

iOS 14.5では、その曲やアルバムの正確なリリース日が表示されます、これには、Apple Musicで表示できる今後のアルバムや未リリースのアルバムも含まれます
IOS 14 5 Music New 00003

3. Apple Musicでレコードレーベルを確認できる

OS 14.5アップデートでは、Apple Musicにさらに多くのレコードレーベル情報が追加されており、ストリーミングサービス上のそのレーベルの全カタログへの便利なリンクもあります (利用可能な場合)
IOS 14 5 Music New 00004

スポンサーリンク

4. ロック画面のプレーヤーで完全な曲情報を再度表示する

これまでは、ロック画面や通知センターで音楽を再生しているときに、アーティスト名、アルバム名、曲名が長すぎて完全にプレビューできない場合、ミュージックプレーヤーが横スクロールで表示されていました、タイトルがどんなに長くても、今聴いている曲を正確に確認することができる方法でした

しかし残念なことに、この機能がなくなってしまい、多くの場合、音楽タイトルが静止して切り取られた状態になってしまいました

iOS 14.5では、ロック画面と通知センターの音楽プレーヤーに移動する曲情報が復活したので、これらの問題は解決されました

Giphy 1 Giphy

5. スワイプで曲をキューやライブラリに追加

今回のアップデートでは、いくつかの興味深いスワイプジェスチャーが追加されています

自分のライブラリやApple Musicの曲の上で右にスワイプすると、2つのオプションが表示されます

紫のリストボタンは曲をキューの一番上に追加します(「次を再生」)、オレンジのリストアイコンは曲をキューの一番下に追加します(「後で再生」)

また、Apple Musicの曲の場合は、曲の上で左にスワイプするとグレーのプラス(+)ボタンが表示され、その曲をライブラリに追加することができます
IOS 14 5 Music New 00006

スポンサーリンク

6. 新しいコンテキストメニューの表示

OS 14.5では、一部のページで省略記号(•••)のオプションメニューアイコンからフローティングコンテキストメニューが表示されるようになり、iOS 14の他のアプリケーションと同様になっています

これまでのバージョンでは、メニューはディスプレイの下部に表示され、共有シートのようになっていました、この変更は、今後のiOSアップデートでコンテキストメニューの大幅なアップグレードが行われることを意味しているのでしょうか
IOS 14 5 Music New 00007

7. Apple Musicの「City Charts」プレイリストの表示(近日公開予定)

OS 14.5のコードには、「City Charts」と呼ばれる機能への言及が含まれています、この機能は、Apple Musicの「トップ100」プレイリストのように、Apple Musicの加入者が特定の都市や地域でのトップトラックを見ることができるというものです

しかし、現時点では、この機能はどこにも見当たりません、Appleは、この機能をiOS 14.5の一部として近日中に搭載するかもしれませんが、将来のiOSアップデートの一部として実現する可能性もあります

(Via Gadget Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)