iOS 14.4でBluetoothオーディオデバイスの分類が可能に

iOS 14.4でBluetoothオーディオデバイスの分類が可能に

本日リリースされたiOS 14.4の小さな目立たない新機能にBluetoothオーディオデバイスをタイプ別に分類する機能があります

Appleはこのアップデートの重要な変更点のリストにそれを示しており、実際に知られていない製品のBluetooth設定に新しいセクションがあります

デフォルトでは、iOS 14.4はBluetoothオーディオデバイスをヘッドフォンとして識別します、正しくない場合は、次のオプションを使用できます

  • カーステレオ
  • 補聴器
  • スピーカー
  • その他

Bluetoothデバイスのタイプを変更することには、先験的に1つの目標と1つの結果しかありません

イヤーピースタイプのままにしておくと、iOS 14.4はデバイスのサウンドレベルを分析して「ヘルスケア」アプリに保存し、高すぎる場合は警告を出すことができます

他のタイプを選択した場合、そのデバイスは「ヘルスケア」アプリによって無視され、音量を大きくしすぎても通知されません

スポンサーリンク


これらの通知は不思議なことにオフにすることができず、iPhoneとApple Watchだけが対象で、iPadはその機能を持ちません、タブレット上のデバイスのタイプを定義することはできるが、この機能は大音量で聞いているときのアラートだけを目的としているようなので、その利点は明確ではありません

Bluetoothオーディオデバイスの種類を変更しても、iOS 14.4のコントロールセンターでの認識は変わらず、コントロールセンターには汎用のアイコンが表示されたままです

この機能は、別の興味深い使い方があります、iOSでカーラジオが自動認識されない場合は、設定でタイプを変更すると、カーラジオを外したときに自分の車の位置を記憶できる機能が利用できます、この機能を使うと、地図アプリで駐車場の位置を確認できるので、徒歩での道順を簡単に知ることができます

iOSで認識されないカーステレオを使用している場合は、そのタイプをカーステレオに変更して、この機能が使用できるかどうかを確認してください、カーステレオに接続したり、接続を解除したりすると、車がマップに表示され、iOS 14.4がGPS位置を記録するはずです

(Via iGeneration.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)