2021年のiPhoneは、次世代Wi-Fi 6Eを搭載の可能性

2021年のiPhoneは、次世代Wi-Fi 6Eを搭載の可能性

AppleはすでにiPhone 12で携帯電話ネットワーク部門の競争力を高めており、2021年のiPhoneで無線ネットワークを刷新する計画です

BarclaysのアナリストであるBlayne CurtisとThomas O’Malleyは、2021年のiPhoneはより高速なWi-Fi 6Eを搭載すると主張しています

このレポートは、2021 iPhoneの高速WiFi機能に関する以前の報道を裏付けており、アナリストは、Appleのサプライヤーが「iPhone13」の部品を供給することに「ネガティブになりすぎた」と考えています

WiFi 6Eは、6GHz帯域で動作する次世代のワイヤレスネットワークです、このテクノロジーは、より高いパフォーマンス、レイテンシーの低減、およびより高速なデータレートを特徴としています

アナリストはまた、Broadcommが今年のiPhone用のより高速なWi-Fiチップを出荷する予定であることを明かしました、同じBroadcommチップが今月初めに発表されたSamsung Galaxy S21 Ultraにも搭載されています

スポンサーリンク


2021年iPhoneについて語るのは時期尚早ですが、一連の噂はすでにリークされています、今年のiPhoneは「S」アップグレードで、今年のiPhoneは「iPhone 12s」になると予想されています

また、多くのリーカーは、今年のiPhoneはiPhone 12からのメジャーアップグレードにはならないと考えており、AppleはiPhone 13を発表する計画はないとさえ言っています

今年のiPhoneは、より小さなノッチと改善された冷却システムを備えていると予想され、120Hzリフレッシュレートのディスプレイも搭載される予定で、これは昨年のiPhone 12 Proで最初に計画されたものです

また、Appleは今年、センサーシフト光学手ぶれ補正をiPhone全モデルに拡大すると予想されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)