「iOS 11」での「写真」とカメラのハンズオンビデオ

「iOS 11」での「写真」とカメラのハンズオンビデオ

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

「写真」とカメラ

iPhoneとiPad用に設計されたAppleの今秋リリースされる予定の「iOS 11」、アップルの最新デバイスで写真を撮影、編集、表示する方法を改善します

ポートレートモードの写真はこれまでになく改善されていて、ライブ写真を操作する新しい方法があり、写真とビデオの占有スペースも少なくて済みます

Appleは新しい写真とビデオのフォーマットを採用しており、撮影する写真やビデオのサイズを最大50%縮小します
これにより、デバイスとiCloudの両方で貴重なストレージスペースを節約できますが、これらの新しいフォーマットはA9チップ以降のデバイスに限られています

iPhone 7 Plusでは、ポートレートモードで光の画像安定化とHDRをサポートし、低い光性能を実現しました
また、すべてのiPhoneに写真を編集する際に新しいフィルタが追加されました

互換性のあるデバイスでライブフォトを使用する場合、いくつかの新しい編集オプションがあります
キー写真を選択すると、ライブ写真の中で最もよく見える部分を選択し、悪い写真を撮ることは不可能になりLive Photoは多かれ少なかれ短いビデオなので、 ビデオから静止画を撮れます


スポンサーリンク







Live Photoをビデオと同様にトリミングできるようになり、新しいループ、バウンス、ロングエクスポージャーのオプションが追加されました

ループでは、Live PhotoがGIFのように何度も繰り返しループしますが、バウンスは同じことを行いますが、前方と後方は同じです、ロングエクスポージャーは、ライブフォトビデオを1つのショットにまとめ、一意のぼかし効果を導入します

「写真」では、メモリビデオをポートレートモードまたはランドスケープモードで表示するための動的サポートが追加されました
マシン学習の改善により、より多くの種類のメモリーズ動画が自動的に生成されます
新しいカテゴリには、ペット、赤ちゃん、野外活動、公演、結婚式、誕生日、スポーツイベントなどがあります。

顔認識を使用して画像内の人物を認識しているPeopleのアルバムも、個々のデバイスごとに設定する必要はありません

(Via MacRumors.)


このなかで、特に私が注目するのは
ポートレートモードで光の画像安定化とHDRをサポートし、低い光性能を実現しました

現在、iPhone 7 Plusで、「写真モード」から「ポートレートモード」に切り替えた時に、それまで明るく撮影できる状態だったものが真っ暗で撮影できない状況になってしまう経験をされた「iPhone 7 Plus」ユーザーの方は多いのではないかと思います

これが、「写真モード」のように明るく撮影できる状態になるのは嬉しいことですね


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)