Apple、ペロシ会談に対する中国の報復をサプライヤーに”iPhoneの出荷台数に影響を与える可能性がある”と警告

Apple、ペロシ会談に対する中国の報復をサプライヤーに”iPhoneの出荷台数に影響を与える可能性がある”と警告

ナンシー・ペロシ米下院議長の訪台は、中国の侵略の可能性が高まっている時期に、米国が台湾を支援していることを示すためのものでした

中国の軍事攻撃から台湾を守るため、アメリカは法的な支援を真剣に行っていると、中国政府に伝えるためのものです

しかし、今回の訪中は中国を思いとどまらせるというよりは刺激する可能性が高いという懸念が多く、事実であることが次第に明らかになっています

ペロシ米下院議長とTSMCの会談は、おそらくCHIPS法と、同社のアリゾナ工場への影響に関して行われたものと思われます、報道によると台湾企業は、Intelが補助金の最大の分け前を得るかもしれないという提案を懸念していたと言います

Appleはサプライヤーに対し、中国は関税規制を実施しているため、輸出入申請が拒否される可能性があると警告しました

スポンサーリンク


さらに、この件に詳しい情報筋の話として、Appleは、中国が台湾製の部品やコンポーネントは「台湾、中国」または「チャイニーズタイペイ」製と表示しなければならないという長年の規則を施行し始めたとサプライヤーに伝えています

これまでのところ、規則は「遵守よりも違反の方が尊重されている」とされてきましたが、中国が厳格な遵守を主張するようになって、これも変化しています

出荷の遅れが中国との輸出入の両方に影響するのか、それとも台湾と中国の間の部品の動きだけに影響するのかについては、報道は食い違っています

Appleの製品には「Designed by Apple in California, Assembled in China」というラベルが貼られていますが、出荷書類には原産地が台湾と記載されている可能性があります

台湾から出荷された部品が中国で組み立てられるという問題であれば、単に書類上の問題であれば解決は容易ですが、部品そのものに「Made in Taiwan」の表示があれば、はるかに大きな問題が生じることとなります

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)