iPhone 14は、ほぼ同時にインドと中国で製造される可能性が

iPhone 14は、ほぼ同時にインドと中国で製造される可能性が

アナリストのMing-Chi Kuo氏は、iPhone 14が中国とインドでほぼ同時に製造される予定であるとツイートしています、これはこの巨大テクノロジー企業が制作パートナーを多様化する努力の一環です

ツイートによると、最新の調査によると、インドにある Foxconn の iPhone製造工場は、新しい 6.1インチ iPhone 14を2022年に初めて中国とほぼ同時に出荷する予定です (インドは過去に1/4以上遅れていました)

に見ると、AppleのiPhone生産能力/出荷台数は依然として中国と大きな差があるが、中国以外の国でiPhoneを製造するための拠点を構築する上で、これはインドにとって重要な節目となります

これは、Appleが供給面での地政学的な影響を減らそうとしていることを示唆しており、インド市場を次の成長ドライバーと見ていることを意味します


スポンサーリンク


iPhone 14のラインアップは9月か10月に登場すると予想されている。今回のスマートフォンのアップデートに関する、次のような噂が在ります

  • iPhone 14とiPhone 14 Proでは、異なるグレードのOLEDパネル(Samsung Display製)を使用する予定です
  • iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxには、6GBのRAMと、より高速なメモリが搭載される
  • 一部のモデルは、iPhone 13よりも100ドル高くなる可能性があります
  • Appleは、最新のA16プロセッサをiPhone 14のラインナップのProモデル専用にします
  • 少なくとも一部のモデルはeSIMのみになります
  • iPhone 14 Proは、8GBのRAMを搭載する予定です
  • 120GHzのディスプレイを搭載するモデルも登場します
  • iPhone 14 ProとPro Maxは、ホール+ピルのデザインになる予定です
  • 上位2機種には有機ELディスプレイが搭載されます
  • Wi-Fi6E規格をサポートします
  • カラーバリエーションは、iPhone 14がブラック、ホワイト、ブルー、レッド、パープル、iPhone 14 Proがグラファイト、ゴールド、シルバー、パープルの5色です
  • iPhone 14とiPhone 14 Proの両方に、照明によって色調が変化する新しいパープルのカラーバリエーションが用意される予定です

(Via Apple World Today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)