Apple、AirPods ProとAirPods Maxの新しいベータ版ファームウェアを開発者にリリース

Apple、AirPods ProとAirPods Maxの新しいベータ版ファームウェアを開発者にリリース

6月のWorldwide Developers Conferenceの基調講演後、Appleは第2世代AirPods、第3世代AirPods、AirPods Pro、AirPods Maxなど複数のAirPodsモデル用のベータファームを開発者に提供しています

Appleは本日、そのファームウェアを更新し、バージョン番号が5A5282dから5A5304aになりました

このアップデートでは自動切り替え機能が強化され、他にもAppleのワイヤレス・ヘッドフォンに改良が加えられています

iOS 16では、Automatic Switchingの改良に加えて、iPhoneのTrueDepthカメラを使用してSpatial Audioの「パーソナルプロファイル」を作成する「Personalized Spatial Audio」という新機能が導入されています

また、AirPodsのベータ版ファームウェアでは、AirPods MaxにLC3コーデックが搭載され、より高音質な通話が可能になっています

AirPods Beta
更新されたAirPodsのファームウェアは開発者限定となっており、Appleの開発者向けサイトの「More Downloads」ページからダウンロードすることができます

スポンサーリンク

ファームウェアのアップデート方法

ベータ版のインストールには、iOS 16ベータを搭載したiPhone、macOS Venturaベータを搭載したMac、Xcode 14ベータ、および対応するAirPodsが必要です

  1. AirPodsをiPhoneとペアリングします
  2. iPhoneとMacをLightningケーブルで接続ます
  3. Mac上でXcode 14 betaを起動し、[設定]>[開発者]に移動しします
  4. AirPodsテストのセクションでプレリリースベータファームウェアを選択する必要があります
  5. プレリリーステストオプションを有効にすると、その後のアップデートは無線で配信されます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)