MacBook の修理部品に遅れが生じているため、Apple は部品待ちの間、顧客にデバイスを持ち帰ることを許可

MacBook の修理部品に遅れが生じているため、Apple は部品待ちの間、顧客にデバイスを持ち帰ることを許可

Appleは、サプライチェーンの問題をきっかけに、部品が不足しているために修理に時間がかかる場合、顧客が自宅にデバイスを持ち帰ることを認めるようになりました

部品が到着した後、お客様はデバイスを返却して修理を完了させることができます

顧客が端末を自宅に持ち帰った場合、修理に必要な部品が届いた時点で通知されます、その日から、修理がキャンセルされるまでの5日間、顧客はデバイスをサービスセンターに返却することができます

新しいポリシーは一部の地域で適用され、修理部品の到着を待っている顧客が端末を自宅に持ち帰る資格があるかどうかはサービスセンター次第です

論理的には、これは機能していて使用可能な状態のデバイスを使用しているお客様にのみ適用されます

スポンサーリンク


Appleはこの数カ月間、iPhoneとMacに影響を与えたサプライチェーンの問題に対処してきました

MacRumorsに情報筋が語ったところによると、16インチのMacBook Proディスプレイなど、MacBook Proの修理部品が一部の地域に到着するまでに、現在最大で2カ月を要していると言います

MacBook ProとMacBook Airの一部モデルの上部ケースなど、バッテリ、キーボード、内蔵シャーシなどのその他の部品には、数週間かかる可能性があります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)