Apple、レタリングアーティストBelinda Kou氏と新しいiPad Airを紹介

Apple、レタリングアーティストBelinda Kou氏と新しいiPad Airを紹介

Appleは、レタリングアーティストのBelinda Kou氏と、M1プロセッサーを搭載した新しいAirの作品を強調しています

AppleはNewsroomのWebサイトの特集では、iPad Airを使ってTeach for Americaから自身のグラフィックデザイン事業を立ち上げるまでに至ったKou氏にスポットを当てています

Belinda Kou 002

「Apple Pencilを使って画面上に直接描けるので、一つのデバイスで描いて、それがどのように変換されるかを別の画面で確認する必要がなくなり、作業がとても速くなりました」と彼女は述べています

iPadとApple Pencilを手に入れたら、鉛筆と紙で描いていたときよりも速く作品を作れるようになり、ソーシャルメディアでコンスタントに共有できるようになりました


そして、自分の声とスタイルに磨きをかけることで、クライアントを引きつけることができるようになりました。現在では、多くのクライアントがデジタルアートを依頼してくれるようになりました。iPadがなければ、私のビジネスは成り立たないでしょう

Procreateのみを使用するKou氏は、自分のiPadでイラストを描く方法を教えることもあります

スポンサーリンク


Apple Pencilや新しいiPad Airなどのツールによって、グラフィックデザインがこれまで以上に身近なものになり、キャリアの初期に遭遇した参入障壁が低くなったと彼女は言います

私が教えている人たちは、iPadの使い方を知っていて、Procreateでレベルアップする準備ができています。私が教えている人たちはiPadの使い方を知っていて、Procreateでレベルアップする準備ができています。でも、実際には、急な学習曲線なしに、すぐにそこに行って何かを描くことができたのです

Appleは今月初め、M1プロセッサを搭載した新しいiPad Airを発表しました

最新のiPad Airは、Center Stageを可能にするために、前面に新しいウルトラワイドカメラも搭載しています。また、5G接続とサンダーボルト対応のUSB-Cポートも追加されました

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)