iOS 15.2、iPhoneにサービス履歴を確認したり、修理に使われた部品が純正品であることを確認したりできる「部品とサービスの履歴」項目を追加

iOS 15.2、iPhoneにサービス履歴を確認したり、修理に使われた部品が純正品であることを確認したりできる「部品とサービスの履歴」項目を追加

Appleは、iOS 15.2のリリースに伴い、ユーザーがiPhoneのサービス履歴を確認したり、修理に使われた部品が純正品であることを確認したりできる「部品とサービスの履歴」という項目を設定アプリに追加します

新しいサポート文書に記載されている通り、iOS 15.2以降をインストールしているiPhoneユーザーは、「設定」>「一般」>「バージョン情報」から「部品とサービスの履歴」にアクセスでき、修理が行われた場合に利用できるようになっています

Appleは、iPhoneのバージョンに応じて、部品に関する異なる情報を提供します

  • iPhone SE(第2世代)を含むiPhone XR、XS、XS Max以降の場合は、バッテリーを交換したかどうかを確認できます
  • iPhone 11モデル、iPhone 12モデル、iPhone 13モデルの場合、バッテリーやディスプレイが交換されているかどうかを確認できます
  • iPhone 12モデル、iPhone 13モデルの場合は、バッテリー、ディスプレイ、カメラのいずれかが交換されているかどうかがわかります

スポンサーリンク


Apple純正の部品やツールを使って修理を行った場合、このセクションの修理品には、修理した部品の横に「Apple純正部品」と表示されます

部品の取り付けが不完全な場合、純正品以外の部品と交換された場合、その部品がすでに使用されているか他のiPhoneに取り付けられている場合、またはその部品が期待通りに機能しない場合は、「不明な部品」というメッセージが表示されます

以前のバージョンのiOSでは、交換した部品が「不明な部品」として認識された場合にのみ、ユーザーは確認することができます

Appleは、「サービス履歴」に表示されるメッセージは、iPhone、バッテリー、ディスプレイ、カメラの使用には影響しないとしています、これらの情報はデバイス上に収集・保存され、Appleはサービスの必要性や安全性の分析、将来の製品の改善のために使用します

iPhoneへの「部品およびサービス履歴」の追加は、AppleがiPhone 13モデルに対して行っている変更と並行して行われます

リリース時に、iPhone 13の壊れたディスプレイを、Appleの専用ツールや部品を使わずに交換すると、Face IDが無効になることが判明しました

修理コミュニティからの反発を受けて、Appleは、Face IDに影響を与えないディスプレイ修理を可能にするソフトウェア・アップデートを導入すると述べました、iOS 15.2では、Apple認定の機器を持たない修理店でディスプレイ修理を行った場合にFace IDが機能しない原因となっていた特定のペアリング要件が削除されています

Appleはこれまで、iPhoneの機能はそのままに、部品が非純正である場合には顧客に通知することで解決してきましたが、今回の新セクションでは、修理部品に関するメッセージを合理化しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)