Apple、2021年10月に6年ぶりに中国最大のスマートフォンブランドに

Apple、2021年10月に6年ぶりに中国最大のスマートフォンブランドに

市場調査会社Counterpointによると、Appleは2021年10月に中国のスマートフォンメーカーに打ち勝ち、中国におけるスマートフォンOEMのトップになりました

iPhone 13シリーズが好調で、10月の販売台数は前月比46%増加したことによるものです

中国のスマートフォン市場の成長率が2%にとどまったにもかかわらず、Appleは素晴らしい業績を上げました、報告書によると、11月に開催される中国の「独身の日」を前に、多くの消費者が購入を控えていたとのことです

「Singles Day」でもiPhoneは驚異的な売れ行きを示し、Appleはわずか2秒間で1,564万ドル分のiPhoneを販売したと報じられています
Counterpoint

スポンサーリンク


Counterpoint Research社のディレクターであるTarun Pathak氏は次のように指摘しています

強いブランド力を持つAppleは、プレミアムセグメントでHuaweiが大きく減らしたことから最大限の利益を得ています
Appleは、特にProバージョンの品不足がなければ、もっと多くの利益を得られたはずです、しかしそれでも、Appleは他のOEMよりもサプライチェーンをうまく管理しています

チップ不足とパンデミックの影響にもかかわらず、中国でのiPhone販売の増加は同社にとって明るい兆候です

中国の顧客は高級スマートフォンを求めているようで、Appleはその分野でHuaweiに取って代わりました

(Via Counterpoint.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)