Apple、AirPods Proの修理プログラムを特別なアナウンスなしで3年間に延長

Apple、AirPods Proの修理プログラムを特別なアナウンスなしで3年間に延長

Appleは2020年10月、「AirPods Pro」で雑音やパチパチという音、アクティブノイズキャンセリングの問題が発生する可能性のある問題に対処するためのサービスプログラムを発表しました

AirPods Pro Repair Program 001
当時Appleは、同プログラムが対象となるのは、同製品の小売販売から2年後のAirPods Proだと述べていました

Appleはこのプログラムを拡大し、付属のサポート文書を10月初めにひっそりと更新しました

Redditの「追加情報」のセクションで述べられているように、このプログラムはAirPods Proの最初の小売販売から3年が経過した後にも適用されます

AirPods Pro Repair Program 002
2019年の発売時にAirPodsを購入したユーザーは、この問題が発生した場合、2022年10月まで対応するようになります、また、2020年10月に修理済みのAirPodsを発売する前に2020年に購入したユーザーは、2023年まで修理を受けられるようになります

スポンサーリンク


修理が必要な故障したAirPods Proには以下の問題があります

  • 運動時や電話中など、騒がしい環境で大きくなる断続的な音や雑音
  • ベースサウンドの消失や、街路や飛行機の騒音などのバックグラウンドサウンドの増加など、アクティブノイズキャンセリングが期待どおりに動作しない

2020年10月以前に製造されたAirPods、およびAirPodsをお持ちの方は、Appleサービスプロバイダに無料でサービスを受けることができます。Appleは、サービスを受ける前にAirPods Proがプログラムの対象であることを確認すると述べています。(左、右、または両方)の問題を示す











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)