Apple、死亡後のデータ検索を容易にする「Legacy Contacts」の公開を準備中

Apple、死亡後のデータ検索を容易にする「Legacy Contacts」の公開を準備中

Appleは、iOS 15の機能のうち、これまでになかった「Legacy Contacts」の準備を進めているようです

デジタルレガシープログラムの一部であるLegacy Contactsは、ユーザーが自分の死後に自分のデータにアクセスできるようにしたい人を指定できる連絡先です

この機能により、指定された人は事実上、その人のiCloudデータにアクセスするための鍵を手に入れることができます

ただし、死亡を証明する書類が必要で、その場合でも、エンドツーエンドで暗号化されていないデータしか利用できません

しかし、Appleが現在提供しているものよりも優れており、MacWorldが発見したいくつかの情報によると、発売に近づいているようです

スポンサーリンク


その一つは、iCloudの利用規約の変更で、死後のことについて特に言及しています

デジタルレガシーでは、自分の死後にアカウント内の特定のデータにアクセスしてダウンロードできる連絡先を、1人または複数人追加することができます

指定された連絡先がAppleに死亡を証明する書類を提出し、必要なキーを持っていれば、その連絡先は自動的に特定のアカウントデータへのアクセス権を得て、すべてのデバイスからアクティベーションロックが解除されます

従って、デジタルレガシーの連絡先を常に最新の状態にしておくことはユーザーの責任です

次に、digital-legacy.apple.comに新しいWebサイトが設定されましたが、まだ有効になっていません

このiOS 15の機能が使えるようになるのは時間の問題で、写真やその他の個人データなどを見逃してしまう家族にとって大きな違いを生む可能性のある重要な機能です

(Via MacWorld.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)