AppleのA15 Bionicはチップチームの頭脳流出のためにCPUの大幅なアップグレードが不足しているとの報告

AppleのA15 Bionicはチップチームの頭脳流出のためにCPUの大幅なアップグレードが不足しているとの報告

Appleは、iPhone 13の発表において、新しいA15 Bionic SoCが達成した相対的なパフォーマンスの向上について詳しく説明しませんでした、これは、主要なハードウェアの発表としては珍しいことです

あるレポートでは、Appleがアピールすべきことがほとんどないため、この省略は見落としではないとしています

Appleは、新しいシステムオンチップ設計の特定の側面、特にグラフィックス機能の向上については言及しましたが、CPUの性能については、幹部は口を閉ざしていました

iPad miniの発表会では、A15はA12を搭載した従来のタブレットに比べて40%高速なCPUを搭載しているとの説明がありましたが、比較はそこで終わりました

ソーシャルメディア上では、CPUの数値が意図的に省略されているのではないかという噂が流れていました

A15について、総トランジスタ数や推定ダイサイズなどの指標に基づく予備的なダイ解析を行った結果、CPUに大きな改善は見られず、Appleの次世代コアは2022年に延期されたと結論づけています

スポンサーリンク


人材の流出がAppleに影響を与えているという証拠はほとんどありませんが、同社は近年、多くのキーパーソンを失っています、AppleのA7からA12XまでのAシリーズチップの主要設計者であるGerard Williams IIIは、2019年に会社を離れてNuviaを設立しましたが、この会社は後にQualcommに14億ドルで買収されました

Appleは、Williams氏がハイテク大手に在籍中にNuviaを立ち上げ、その中から採用したという主張で訴えたが、チップ設計者はこれを否定しています

今日の報告書では、RISC-VのスタートアップであるRivos社についても言及しています、Rivos社には、Appleの元上級エンジニアが多数参加しています

「我々は、Appleが経験してきたすべての人材の入れ替わりのために、Appleは次世代のCPUコアを遅らせなければならなかったと考えている」と報告書は述べています、「新しいCPUコアではなく、去年のコアを改良したものを使っている」と述べています

その代わりに、Appleはトランジスタの予算を、グラフィックスやカメラ関連の機能を強化するGPUコアやシリコンデザインの改良に充てることができたはずです

SemiAnalysis社は、GPUの向上は「非常に素晴らしい」と評価していますが、CPUのアップグレードがないのは内部的な問題を示唆しているという説を維持しています

一方、AppleはiPhone 13 Proのマーケティング資料の中で、A15による進化を称賛し、長期的な製品ロードマップを「他の企業にはできない方法で」作成しているため、Aシリーズのシリコンを改良することができると述べています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)