Apple、全従業員にCOVID-19ワクチンの接種を促すが、義務化はせず

Apple、全従業員にCOVID-19ワクチンの接種を促すが、義務化はせず

Appleは、従業員にCOVID-19ワクチンを接種するよう働きかけを強化しており、米国内のすべての従業員に可能な限り早く予防接種を受けるよう求めているが、義務化はしていません

Bloombergによると、従業員に「Appleはワクチンにアクセスでき、ワクチン接種を受けることができるすべての人に、できるだけ早くそうするよう求めています」とのメモを送っています

Appleの健康管理担当バイスプレジデントSumbul Desai氏と不動産担当バイスプレジデントKristina Raspe氏も、従業員に予防接種を受けることを促す講演を開催しています

同社の従業員向けウェブページでは、COVID-19のデルタ・バリアントについて説明し、ワクチンがその拡散を防ぐのに役立つことを説明しています

また、ファイザー社とバイオンテックSE社が作ったバージョンは、FDAから正式な承認を得ていることを強調してしています

Appleは、Alphabet Inc傘下のGoogleやFacebookとは異なり、従業員にそのような要求をしていません、内部的には、Appleは従業員のプライバシーを理由にしています

(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)